場所 メール
清水聖子法律事務所 あなたのよきパートナーでありたい
個人の方
離婚 子ども 労働問題 遺言・相続 交通事故 成年後見 財産管理 借金

遺言・相続

◆遺言作成・執行

  • ・子どもたちの状況に応じた財産を残したいけれど、遺言書の内容はどうしたらいい・・・。
  • ・事業を引き継いでやってくれている子に、事業用財産を相続させたい・・・。
  • ・内縁の妻・子に遺産を残してやりたい・・・。
  • ・そんな財産はないけれど、遺言書を作成しておいた方がいいの・・・。
  • ・遺言書に書いたとおりに、スムーズに相続できるようにしたい・・・。

遺言は、ご自身が生涯をかけて築き守ってきた財産を、生前に、ご自身の意思で処分できる重要な行為です。 ご自身のご希望に沿った内容と形式の遺言書を作成、その実現までをサポートします。

◆遺産分割

  • ・遺産分割しようにも、遺産がどこにどれだけあるのか、はっきりしない。
  • ・突然、相続人の1人から「遺産分割協議書」が送られてきたけれど、どうしたらいいの・・・。
  • ・生前、家の購入資金を援助してもらったことは、相続にどう関係するの・・・。
  • ・親の介護を一所懸命してきたけれど、相続には関係ないの・・・。
  • ・遺産分割したいが、うまく話がすすまない・・・。

遺言書がない場合、お亡くなりになった方が生涯かけて守った遺産を有効活用するためには、遺産分割協議が整うことが必要です。しかし、時として相続人間で意見の対立が生じるなどして、なかなかまとまらず、頭を悩まされている方は多いのではないでしょうか。状況に応じて解決策をアドバイスし、必要であれば協議、調停・審判、及び、訴訟等の代理をお受けします。必要に応じ、税理士・司法書士などの他の専門家とも連携して対処します。

◆その他

・亡くなった父の自筆の遺言書を見つけたが、どうしたらいい(遺言書検認)

・遺言書に書いてあるというけれど相続分がわずかで納得できない(遺留分減殺請求)

・遺言書はあるけれど、いろんな事情からすると無効だと思う(遺言無効確認)

・亡くなった後、多額の借金があることが分かった(相続放棄・限定承認)

その他遺言・相続に関することについて、遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ